造園・庭・エクステリア@四日市・鈴鹿/三重
三重県四日市塩浜の造園会社『(株)千草園 』 造園・土木・植栽・都市公園建設・公園や庭の管理お手入れ・エクステリア・庭作り・木炭製造販売などを扱っております。皆さんの気軽で近い存在になりたい!

千草園オフィシャルサイトはこちらをクリック

お見積もりも無料でお受けいたします。

【庭・エクステリア】無料相談コーナー【三重県中北勢地区限定】

↑をクリックしてお気軽にご相談下さい♪

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
積算基準(庭のお手入れ)
庭木のお手入れ(剪定)の積算基準はご存知ですか!?

まあ、ノコギリで剪定して樹木を枯らしてしまうようなシル○ーセンターは論外とします。(安いですけど樹木や庭は生き物です)

最近は公共施設用の積算方法に乗り換える業者が増えてきました。

公共施設用の積算方法は、樹木の目方や幹周りを一本一本測定して積算していきます。

メリットとしては、

・通常積算の「一式」ではなく、キレイにして欲しい樹木だけを切ってもらえ、それが見積もり価格に反映されること。

・積算基準が明確になって、わかりやすいこと。

・業者に経験豊富な職人がいなくても簡単に見積もれること。

デメリットとしては、

・打ち合わせ時間や計測手間がかかるので、もちろんそれも費用に上乗せされる。

・計測や打ち合わせして、見積もりださせて・・・でも、この値段では頼めないと思っても・・・・断りにくいですよね。

・傾向としては、職人さんはこの積算方法は嫌います。(機械的でヤダ・・・とか)


次に紹介するのは、通常の積算。

この積算方法は、経験豊富な職人さんが対象となるお客様の庭の状態を見て、この手入れに何人必要で何時間(日)かかるかで決めます。

メリットとしては、

・経験豊富な職人さんがいれば、留守宅でも瞬時に積算できる。

・見積もり内容が気に入らなければ、容易に断りやすい。

・傾向的に、この積算方法で受けた仕事は丁寧になる(あくまで傾向)

デメリットは、

・あくまで1職人の独断と偏見にすぎない為、基準がわかりにくい。
・値段が適切かどうかわかりにくい。業者ごとの差が激しい。
(今日、うちの会社に仕事を注文電話された方は、30万も某業者に払っていたのにたいし、うちの会社は10万以内で見積もりをしました)

・「一式」であるため、細かな切って欲しい樹木の指定はできることはできるが、仕事の減少分を積算に反映されいるかは謎。

・休憩のお菓子を出さざるをえない。
(うちの会社は、いっさい不要です)

・トイレを使用される。
(うちの会社は、公衆便所で用をたすことにしている)

当社では両方の積算方法に対応していますが、まだまだ通常の積算方法の方が断然多いですね。


え~と、言葉足らずのことは沢山ありますが、こんな感じです。


もし、庭木の手入れを業者さんに頼まれるのであれば、これを参考にしていただければ幸いです。

あ、当社でももちろん喜んで受け賜ります。

刈り込みバサミで切る剪定と木バサミで切る剪定とでは、2倍近くの値段差と出来上がりの差がございますのでご留意下さい。

お問い合わせ
スポンサーサイト
外注・下請のイメージ
建設関連、特にリフォーム会社などの宣伝には、
「外注・下請は使いません。すべて社員で責任もって施工致します」
と、よく書いてあるのを見ます。

建設関連の外注や下請のイメージ的に「丸投げ」というマイナスのイメージがあるからでしょう。

しかし、外注や下請工事とは、そんなにマイナス作用だけでしょうか!?

現在、巷ではアウトソーシングという言葉が隆盛を極めていますが
建設業界では、「外注・下請」という言葉で昔からアウトソーシングという概念があり、頻繁に活用されていました。

では、「元請が外注を出して施工した工事」と「業者の社員のみで施工した工事」消費者はどちらが得をするのでしょう!?

工事の質だけで見ると、間違いなく「外注・下請」の方が断然良い!と思います。

なぜなら、外注や下請で仕事を受ける業者は腕に自信がないと食っていけません、
技術力だけが彼らの営業力なのですから、業者の社員とは断然業務の緊張感が違うわけです。

逆に社員は、毎日社命の範囲内で無難に仕事をこなしていければ、自然と給料という形で食えていけます。
しかも、下請は工期厳守の緊張感の中で仕事をするのに較べ、
業者の社員は、一つの工事に時間がかかればかかるほど、その工事から得る給料の割合が高くなる悪循環要因があります。

しかし料金面で見れば、「元請」と「外注・下請」の二重利益構造になる為、「元請」と「外注先」が利幅をさげなければ、多少は割高になるかもしれません。

これらのことを考えながら、仕事の質と支出費用とにらめっこしながら、消費者は選んでいくことになるでしょう。

しかし、「質」を下げて「支出」を抑えても、結局は後々にそれだけの修繕費用がかかってしまうことが多いことも否めません。

まずは、「お値段」と仕事の質の高さで見極めてください。



また、こういった外注心理をうまく利用すれば、業者側は容易にサービスの質の向上を実現できるはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。